マネーカフェ

2014.10.24

黄金の羽根の拾い方

某外資系金融機関で働く学生時代の友人がいます。

先日ですが有給休暇を取って大阪に来ているとのことで、会いました。

そこでオススメされたのが以下の本です!

黄金の羽根

 

『久しぶりに面白い本に出会った!』と思いました。

ここで言う『黄金の羽根』とは何でしょうか?

『制度の歪みから構造的に発生する”幸運”。手に入れた者に大きな利益をもたらす。』という説明ですね。

ピンとこないですね・・・(笑)

詳細は本書を読みましょう~

 

しかし、せっかくなので面白かった箇所を一つだけ紹介したいと思います。

『1920年代から保存されているニューヨーク市場の株価データを使って、ありとあらゆるテクニカル指標がコンピュータで解析されてきました。そして、ほぼすべてのケースにおいて、テクニカル分析に従って売買を繰り返すよりも、たんに株を買って保有するだけの長期投資の方が有利だということが証明されています。テクニカル売買は、手数料分だけ確実に長期投資に負けてしまうのです。』

 

もちろん、高値掴みの塩漬けは考えものですが・・・

それでも、上記の説明は投資戦略において大いに参考になるかと思います。

 

メディア掲載

»メディア掲載一覧はこちら

メディアに全般のお問い合わせ

お問い合わせはこちら