マネーカフェ

2014.11.5

相場操縦

みなさん、ハロウィンはされましたでしょうか?

今やバレンタインを上回る勢いらしいですね~

ちょうど仲間内の会話の中で思い出したのですが、最近変な人を見かけました・・・ 女装した、おっさんです(笑)

良い子は真似をしないように~(笑)

 

さて、真面目な話です。

最近の相場があまりにも酷い相場操縦なので、触れておきたいと思います。

日銀が追加緩和をしたのが先日です。

それをきっかけに、日経平均は暴騰し、円は大幅な円安です。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)も凄まじく日本株買いを行っています。

業績など関係無しです。

消費税を10%にするための、景気の良いフリをするための株価吊り上げです。

日銀もGPIFも、背後でガッチリ押さえてるのは安倍政権です。

金融商品取引法159条に違反する相場操縦罪ですが、政府主導なので関係無しということでしょうか・・・

 

一方、金(GOLD)の相場操縦も酷いものがあります。

際限なく刷られたドルの紙切れ化を防ぐために、天敵である金(GOLD)を下落させるという構図です。

しかし現在、米国の次の副大統領候補かもと噂されるシュナイダーマン司法長官が相場操縦について調べようとしています。

どうやら、相場操縦に米財務省とSEC(米証券取引委員会)が関与しているとのことです。

本当に酷い話ですが、シュナイダーマン司法長官は政治生命を賭けて捜査すると言っており、期待したいところです。

このように、最近は『何でもあり』といった状況です。

しかし、決して長続きはしないでしょう。 それを裏付けるような話もいくつかあるのですが、それはまた別の機会にしたいと思います。

とりあえず、以下の本はオススメです!

副島

メディア掲載

»メディア掲載一覧はこちら

メディアに全般のお問い合わせ

お問い合わせはこちら