マネーカフェ

2015.8.7

重要なのは4週平均

米新規失業保険申請件数が発表され、前週比で増加しました。

以下の記事を見てみましょう。

米週間新規失業保険申請件数:2週連続増加で27万件

 

上記記事では、「より変動の少ない4週移動平均は26万8250件と、前週の27万4750件から減少した」となっています。

 

実はこの種の発表では、重要なのは4週平均です。

プロなら1週間の動きよりも4週平均に注目します。

 

ということで、4週平均を見ますと米国は堅調で、引き続き基本はドル高基調かなと思います。

 

 

メディア掲載

»メディア掲載一覧はこちら

メディアに全般のお問い合わせ

お問い合わせはこちら