マネーカフェ

2014.5.26

ユーロ

今から遡ること2年くらいでしょうか。

イタリアにウニクレディトという巨大銀行があります。

欧州圏では資本金No.1の銀行です。

そのウニクレディトがディスクロージャー(企業内容開示)に『状況が悪化した場合にはユーロが崩壊する懸念がある』なんて書いていたことがありました。

これって、とんでもないことだと思います。

何もなければ、決して書かないような内容だからです。

それだけ、ユーロの状況が悪かったということでしょう。

 

あれからずいぶん時間が経ち、ユーロは崩壊することもなく、高値を維持しています。

しかし、本当にユーロは大丈夫なのでしょうか。

個人的にはユーロの買いは避けていた方がいいように思います。

 

 

メディア掲載

»メディア掲載一覧はこちら

メディアに全般のお問い合わせ

お問い合わせはこちら