マネーカフェ

2014.5.24

金価格操作

フィキシングとは、値決めを意味する言葉です。

このフィキシングにおいて、欧米の銀行による不正が最近、頻繁にニュースになっています。

例えば、以下のようなニュースです。

 

英銀バークレイズ、約45億円の制裁金-ロンドン金価格操作で

金の値決め、銀行が10年間にわたり操作していた可能性-研究

 

挙げたらキリがないほど、このようなニュースはたくさんあります。

金市場だけではありません。

株式市場でも為替市場でも不正はあります。

不正に巻き込まれて損をしないよう、投資家として気をつけなければなりません。

不正はいつでも起こりうることを前提に、投資戦略を考える必要があります。

メディア掲載

»メディア掲載一覧はこちら

メディアに全般のお問い合わせ

お問い合わせはこちら